こんにちは!hondelチームです。
今回は、キャラクター創作ノートを使っていただいた方々に使用感を教えていただきました!

スタッフが元々想定していなかったような活用法なども伺えてとても面白かったので、このページをご覧のみなさまにもご紹介させていただきますね!

では、早速いってみましょう!

トマトさん

トマトさん1.jpg
トマトさん2.jpg

――キャラクター創作ノートはどんな風に使いましたか?

まず名前やデザイン、基本情報などの項目を埋め、『さまざまな情報』の欄にアレルギー・視力・50メートル走ったときのタイム・利き手・好物を全キャラ共通で記入。
その後紹介文とチャート、図という流れで書いています。
自分の書き方はベーシックなやり方ですが、紹介文が『さまざまな情報』よりも後なのが特徴的だと思います。

――キャラクター創作ノートを使って、どんなところに利点を感じましたか?

まず、足りない項目が無い!
基本情報の欄も自由に追加できるスペースが確保されているので、出身や階級など世界観に合わせたものもレイアウトを崩さず記入できる。
あと、紹介文のスペースがちょうどいい!
最初は「広いな、埋められるかな」と心配しましたが、一人称や『さまざまな情報』を書き進めているうちにキャラが生き生きしてきて設定が増えていき、ちょうどよく収まることが多いです。

――実際に使用してみて、キャラクターについて気づきを得たところはありますか?

メインキャラは設定がしっかりしていますが、サブキャラや1話限りのキャラは頭の中で出来上がっていても実際描き出すと設定が曖昧だったりします。
項目が揃っててさくさくキャラメイクできるので、メインキャラを踏襲したうえでサブキャラにとりかかる事ができて、サブキャラの魅力・説得力がぐっと上がります。
「メインキャラの○○はトンカツが好きだけど、このサブキャラのシェフは健康のこと考えてトンカツは出さないだろうな。となると○○がトンカツを食べるのは帰省した家、つまりお袋の味で…」と、サブキャラの設定がメインキャラに還元されることも多々あります。

トマトさんは『いろいろな図』の活用法が特徴的で、キャラ相関図と、世界観相関図を書き込んでいらっしゃいますね。
書き進めるとキャラが生き生きして、設定が決まる!と絶賛いただいており、スタッフも嬉しいです……!!
「キャラクターが世界観にどう影響するのか?」というのも、設定を固めるのに重要な要素ですよね。

宮崎笑子さん

宮崎笑子さん.jpg

――キャラクター創作ノートはどんな風に使いましたか?

創作会でノートを持ってきてくれた人がいて、その場にいた人たちでお互いのキャラを描写して、キャラを交換しSSを書く遊びをしました!

――キャラクター創作ノートを使って、どんなところに利点を感じましたか?

キャラの自己紹介のような感じで、なかなか自分では考えないかもしれない、でも当たり前のバックグラウンドに手が届くイメージがよかったです

――実際に使用してみて、キャラクターについて気づきを得たところはありますか?

詳細設定をするときに、まったく考えてなかったところがふわっと出てきて新しい設定になったりしました

宮崎さんは、キャラクター創作ノートを「創作会」で使っていただいたようです。

好きなキャラクターや、即興で生み出したキャラクターを交換してSSを書くのって楽しそうですね!
自分の生み出したキャラクターが、他人の手によって動く姿をみると、新しい気づきがあるかもしれませんね。

やななぎすいまさん

やななぎすいまさん.jpg

――キャラクター創作ノートはどんな風に使いましたか?

イベントでスケブの代わりに描かせていただきました!
創作のイベントだったためオリジナルキャラクターの事を知ってもらえたり、新しいスケブのやり方?にもなると思いました。

交換ノートみたいに描きあいっことかすれば絶対楽しそうだし、ノートを通して色々な人と交流できるのではないかと思いました!

――キャラクター創作ノートを使って、どんなところに利点を感じましたか?

見た目や性格自分で考えた部分をたくさん書き込めるところ、またステータスのコーナーがありここはどんな風にしようかななどさらにそのキャラクターについて膨らませる事が出来てもっともっとキャラクターが生きてきたような気がしました!

――実際に使用してみて、キャラクターについて気づきを得たところはありますか?

そのキャラクターについて自分ももっとよく知れたことです。
ぱっとみただけでそのキャラクターが分かって描いていても見ていても楽しいノートだと思いました!

やななぎすいまさんは、キャラクター創作ノートをスケブ代わりに使ってくださったとのこと。スケブの変わり種として、このノートに描いてもらうのもたしかに面白そうですね!
交流方法のひとつとして、このノートで遊んでもらえるのもとても嬉しいです〜!!
 

おわりに

キャラクター創作ノートを実際に使ってもらった感想を頂きました。

キャラクターの設定を詰めるだけではなく、創作会や交流に使っていただけるのも、このノートの魅力のようです。
創作が大好きな方には、是非一度手にとっていただければと思います!


※キャラクター創作ノートについては各商品ページで詳しくご確認いただけます。

シチュエーションから探す

カテゴリーから探す

hondel について